お知らせ

令和4年09月19日

「第四回 いけばな嵯峨御流 境 將甫社中 献華展」開催のお知らせ

〈過去の展示風景〉

 103日(月)13時より執り行います「秋季献華祭」に併せ、「いけばな嵯峨御流 境 將甫社中 献華展」を2年ぶりに開催いたします。
通常お入り頂けない外拝殿 北側廻廊にて、境氏に師事し、日々稽古を重ねる社中皆様の献華作品が展示されます。

【日 時】
前期:
103()1130分~16
  4()9時~15
後期:
  5()9時~16
  6()9時~16

3日(月)1245分~14時頃までは、「秋季献華祭」のため展示会場を閉場とさせていただきます。予めご了承ください。

【場 所】
橿原神宮 外拝殿 北側廻廊(入場無料)

令和4年09月19日

「秋季大祭」・「秋季献華祭」斎行のお知らせ

 103日(月)に執り行う「秋季大祭」・「秋季献華祭」について御案内いたします。

〈過去の祭典風景〉

◆秋季大祭 午前10時斎行
 「秋季大祭」は国家の繁栄と国民の安寧、そして御崇敬各位の家内安全・事業繁栄を御祈念申し上げると共に、御祭神 神武天皇が幾多の苦難を乗り越えられ我が国の建国を成し遂げられた開運と延命長寿の御神徳をお頒ちする祭典です。
 祭典では昭和天皇の御製に作舞された神楽「浦安の舞」を奉奏いたします。

 

〈過去の祭典風景〉

◆秋季献華祭 午後1時斎行
 華道嵯峨御流 境 將甫氏奉仕による「秋季献華祭」を執り行います。
橿原神宮では春と秋に献華祭を斎行しており、本年で5回目を迎えます。

令和4年09月16日

【初公開】『御陵五十一基絵図』特別展示 開催のお知らせ

  9月17日(土) より、宝物館にて「天皇陵巡りの近世・現代」と題した特別展示を開催いたします。展示では、平成26年(2014)に橿原神宮へ奉納された『御陵五十一基絵図〈ごりょうごじゅういっきえず〉』から橿原神宮周辺の天皇陵を描いた絵図約10点を選定して展示し、天皇陵についての情報が人々にどのように伝えられていたのかをご紹介いたします。

 江戸時代、歴代天皇陵の治定〈じじょう/位置を定めること〉と修築が断続的に行われた際、その報告書にあたる文書の作成と附属絵図が描かれました。『御陵五十一基絵図』は、そうした絵図を参考にして江戸時代後期に作成された写本と考えられています。

 絵図には、埋葬された天皇の名前や所在地などが記され、陵墓の大きさや地理的特徴、周囲の構造物に関する説明といった補足情報が追記されており、写本の作成者が現地に足を運んで記したことがうかがわれます。

 また明治期以降、陵墓が政府によって保護・整備されたことに伴い、陵墓は巡拝のルートに組み入れられツーリズムにおいても重要な役割を担うことになっていきました。

本展では、宝物館が所蔵する昭和期の鳥瞰図(昭和15年)や絵葉書などを用いて、観光地としての陵墓の姿にも焦点を当てます。


【初公開】『御陵五十一基絵図』特別展示 「天皇陵巡りの近世・現代」

【期間】
令和4年9月17日(土)~12月4日(日)

【開館日/時間】
土・日・祝日の午前9時~午後4時
※平日は要予約(時間は同様)

【入館料】
大人:300円
中・高・大学生:200円
(但し20名以上の団体は1割引)
※小学生以下は無料

【場所】
橿原神宮 宝物館(崇敬会館内)

令和4年09月10日

【9/11(日)より】開閉門時間のお知らせ

令和4911日(日)からの開閉門時間をお知らせいたします。

開門:午前6
閉門:午後5

※季節により開閉門時間が異なります。

令和4年09月06日

社報『かしはら』最新号(第181号)公開のお知らせ

橿原神宮の社報『かしはら』最新号(第181号)をWEBサイトにて公開いたしました。
バックナンバーも公開しておりますので、詳しくは下記のURLよりご覧ください。

※社報「かしはら」は春と秋の年2回発行しております。 

社報『かしはら』バックナンバー公開

LINEで送る