長山稲荷社

長山稲荷社(ながやまいなりしゃ)

御祭神は宇迦能御魂神〈うかのみたまのかみ〉・豊受気神〈とようけのかみ〉・大宮能売神〈おおみやのめのか〉です。橿原神宮の末社であり、橿原神宮御鎮座以前からこの長山の地にお祀りされており、橿原神宮の御造営・御鎮座を御加護されてきました。開運厄除・五穀豊穣・商売繁盛の御神徳を持つ霊験あらたかな稲荷社です。

御祭神

  • 宇迦能御魂神うかのみたまのかみ

  • 豊受気神とようけのかみ

  • 大宮能売神おおみやのめのかみ

由緒・御祭神

当神宮の末社である長山稲荷社は、橿原神宮御鎮座以前より境内深田池畔近く長山の山中に祀られ、地主神として「開運厄除・五穀豊穣・家内安全」を御神徳とする霊験あらたかな社として崇敬されていました。

昭和8年(1933)に大阪市在住の篤志家の寄進により現在の地に奉遷され、鎮座した5月2日を例祭日とし現在に至ります。
 
また、昭和15年(1940)の紀元2600年の橿原神宮境内拡張造営においては、地主神としてこの大事業を守護され、無事に事業が完遂したことに感謝して、当時の関係者が稲荷社の拝所や鳥居などを奉献しました。
 
以来、造営整備が行われ、平成22年(2010)には橿原神宮御鎮座120年記念事業に伴い社殿に覆屋と拝殿並び玉垣が建造されました。

現在、長山稲荷社は県内をはじめ全国各地の方に崇敬され、参道には多くの奉納鳥居が建立されています。

祭典日

各祭典は、どなたでもご参列いただけます。

例祭 5月2日
初午祭 3月初午の日
歳旦祭 1月2日
月次祭 毎月2日

 例祭・初午祭には、社殿に奉納提灯を装飾し、併せて参道に奉納幟を掲げ、稲荷社を御崇敬いただく「稲荷講」の講員の方をはじめ国民の愈々の弥栄を祈念し、祭典では巫女による「浦安の舞」が奉奏されます。初午祭では祭典に併せ餅まきや、福引などが行われます。

御奉納について

いずれも御芳名をお入れいたします。

  • 幟(のぼり)

    幟(のぼり)

    1旗奉製につき 5千円

    奉納いただいた幟は2年間、初午祭(3月初午の日)、例祭(5月2日)、年末年始に際し、稲荷社参道に掲げます。

  • 提灯

    提灯

    1基奉製につき 5万円

    奉納いただいた提灯は、初午祭(3月初午の日)や例祭(5月2日)、年末年始に際し、稲荷社拝殿内に掲げます。

  • 鳥居

    鳥居

    1基建立につき 80万円

    奉納いただいた鳥居は参道に建立します。

御奉納のお申し込みについて

橿原神宮祈祷殿(交通安全御祈祷所)受付にて申し受けております。
電話でのお問合せは橿原神宮庁(0744-22-3271)迄お願い申し上げます。

御札・おみくじ・御朱印・絵馬の御案内

祈祷殿(交通安全御祈祷所)受付にて授与しております。

●長山稲荷社 おみくじ 200円
●長山稲荷社 御朱印 500円

  • 長山稲荷社 御符

    長山稲荷社 御符

    500円

  • 長山稲荷社 剣祓

    長山稲荷社 剣祓

    500円

  • 長山稲荷社 白狐絵馬

    長山稲荷社 白狐絵馬

    500円

巡る

境内の見どころ 一覧

本殿・幣殿 内拝殿・外拝殿 儀式殿 神楽殿 祈祷殿 参道・鳥居 参道・鳥居 参道・鳥居 参道・鳥居 南神門 北神門 土間殿 長山稲荷社 参集所 文華殿 勅使館・斎館 貴賓館 橿原神宮会館 崇敬会館(養正殿・宝物館・Café橿乃杜) 神饌田 祓所 橿原神宮庁(社務所) 深田池 畝傍山 森林遊苑 若桜友苑

橿原神宮についてのお問い合わせ

お問い合わせ

橿原神宮

〒634-8550 奈良県橿原市久米町934

電話:0744-22-3271

FAX:0744-24-7720

受付時間 午前9時~午前4時
LINEで送る