お知らせ

令和4年12月28日

【1/1(日)より 】特別展「橿原神宮の奉納刀」

 刀剣は古くから神道との深い関わりを有してきました。刀剣は特別な力を有する神聖なものであり、しばしば神様に捧げられました。
日本神話の中にも、天叢雲剣〈あまのむらくものつるぎ〉や布都御魂〈ふつのみたま〉といった刀剣が登場するほか、素戔嗚尊〈すさのおのみこと〉の刀を天照大神〈あまてらすおおみかみ〉がかみ砕いて生まれた宗像〈むなかた〉三女神などはよく知られているでしょう。

 橿原神宮には明治時代から現代にかけて、皇族や政治家、またメディアなど様々な人々・団体から多くの刀剣が奉納されました。

 今回の企画展では、橿原神宮に奉納された数々の刀剣の中から、古代~幕末・近代に至る様々な時代の刀剣を選び関連史料と共に展示します。いずれも橿原神宮への想いを込めて奉納されたものであり、奉納刀や奉納者と歴史的な出来事との関係について、できるだけ詳しく説明することに努めました。

 奉納刀を通じて橿原神宮の歴史の一端を知って頂ければ幸いです。

【期間】
令和5年1月1日(日)~3月5日(日)

【開館日/時間】
1月1日~3日   8時30分~18時30分

1月4日~5日   9時~16時30分
1月6日~9日   9時~16時
1月10日~3月5日 土・日・祝休日 9時~16時
           平日     10時~15時
※臨時休館有り

【入館料】
大人      300円
中・高・大学生 200円
小学生以下   無料
※20名以上の団体は1割引

【場所】
橿原神宮 宝物館(崇敬会館内)

令和4年11月28日

【12/5(月)より】展示替えに伴う臨時休館のお知らせ

 宝物館の展示替えに伴い、12月5日(月)~31日(土)の間、臨時休館とさせていただきます。皆様にはご迷惑おかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

令和4年09月16日

【初公開】『御陵五十一基絵図』特別展示 開催のお知らせ

  9月17日(土) より、宝物館にて「天皇陵巡りの近世・現代」と題した特別展示を開催いたします。展示では、平成26年(2014)に橿原神宮へ奉納された『御陵五十一基絵図〈ごりょうごじゅういっきえず〉』から橿原神宮周辺の天皇陵を描いた絵図約10点を選定して展示し、天皇陵についての情報が人々にどのように伝えられていたのかをご紹介いたします。

 江戸時代、歴代天皇陵の治定〈じじょう/位置を定めること〉と修築が断続的に行われた際、その報告書にあたる文書の作成と附属絵図が描かれました。『御陵五十一基絵図』は、そうした絵図を参考にして江戸時代後期に作成された写本と考えられています。

 絵図には、埋葬された天皇の名前や所在地などが記され、陵墓の大きさや地理的特徴、周囲の構造物に関する説明といった補足情報が追記されており、写本の作成者が現地に足を運んで記したことがうかがわれます。

 また明治期以降、陵墓が政府によって保護・整備されたことに伴い、陵墓は巡拝のルートに組み入れられツーリズムにおいても重要な役割を担うことになっていきました。

本展では、宝物館が所蔵する昭和期の鳥瞰図(昭和15年)や絵葉書などを用いて、観光地としての陵墓の姿にも焦点を当てます。


【初公開】『御陵五十一基絵図』特別展示 「天皇陵巡りの近世・現代」

【期間】
令和4年9月17日(土)~12月4日(日)

【開館日/時間】
土・日・祝日の午前9時~午後4時
※平日は要予約(時間は同様)

【入館料】
大人:300円
中・高・大学生:200円
(但し20名以上の団体は1割引)
※小学生以下は無料

【場所】
橿原神宮 宝物館(崇敬会館内)

令和4年08月30日

宝物館臨時休館のお知らせ

 展示替えに伴い、910日(土)~16日(金)は臨時休館とさせていただきます。皆様には御迷惑おかけいたしますが、何卒ご理解いただきますよう、お願い申し上げます。

令和4年08月18日

宝物館 開館時間について

宝物館の開館時間を短縮しておりましたが、8月20日(土)より通常通り開館いたします。

開館時間:午前9時~午後4時
開 館 日:土・日・祝休日 開館(平日は要予約)

宝物館について、詳しくは下記のリンクよりご覧ください。
【リンク】宝物館

LINEで送る