御製・御歌と舞

 天皇陛下が詠まれた歌は御製〈ぎょせい〉、天皇陛下以外の皇族の方が詠まれた歌は御歌〈みうた〉と言います。橿原神宮の祭典や祈祷では御製・御歌から作舞された神楽舞を御神前で奉奏しています。
 また、御祭神にゆかり深く、宮中にて即位の礼の際には必ず奏される「久米舞」も橿原神宮では舞われています。

神楽舞について

明治天皇御製

扇舞おうぎまい

橿原の とほつみおやの 宮柱
たてそめしより 国はうごかず

柱 / 明治42年

 「かしはらのとほつみおや(遠祖)、つまり神武天皇が橿原の地で国の基礎をお築きになって以来、わが国は少しも揺るがないことだ」と詠まれた御製で作舞されたもの。
橿原神宮では最も多く奉奏され、2月11日の紀元祭のほか、毎月の月次祭〈つきなみさい〉や各祭典で奉奏されます。

明治天皇御製

鈴舞すずまい

橿原の 宮のおきてに もとづきて
わが日本の 国をたもたむ

祝 / 明治37年

 橿原の地に都をお定めになられ、国の基礎を築かれた神武天皇のお志に基づき、国を治めて行くお気持ちを詠まれた御製で作舞されました。
神楽祈祷・結婚式で奉奏されます。

昭憲皇太后御歌

榊舞さかきまい

広前の 玉ぐしとりて うねび山
高きみいつを 仰ぐけふかな

畝傍山東北御陵にまうでて / 明治23年

 神武天皇陵を御参拝になられた時に詠まれた御歌で作舞されました。
月次祭他、各祭典で奉奏されます。

昭和天皇御製

浦安の舞うらやすのまい

天地あめつちの 神にぞいのる 朝なぎの
海のごとくに 波たたぬ世を

朝海(あしたのうみ) / 昭和8年

 神武天皇が即位されてから2600年の年である昭和15年に作舞され、広く全国の神社で舞われています。

神楽の起源

 神楽舞は記紀の中に記されている「天の岩屋神話」が起源と言われています。
素戔嗚尊〈すさのおのみこと〉の田を荒らす等のあまりに酷い仕業にお怒りになった天照大神〈あまてらすおおみかみ〉は、天の岩屋へ閉じ籠ってしまわれ、世の中は常闇〈とこやみ〉となってしまいます。
 神々が天照大神を外に出す為の策の一つとして、天鈿女命〈あめのうずめのみこと〉に磐戸〈いわと〉の前で喋り踊らせた結果、外の様子を御覧になろうとした天照大神を引き出す事に成功し、世に再び光が取り戻されたと伝えられています。

久米舞について

  • 久米舞
  • 久米舞
  • 久米舞
  • 久米舞
  • 久米舞

 「久米舞〈くめまい〉」は神武天皇が東遷の際、大和の宇陀で戦勝の宴を催された際に、久米部の兵士達が歌い舞ったことが起源とされています。
四人の舞人が久米歌、龍笛〈りゅうてき〉、篳篥〈ひちりき〉、和琴〈わごん〉に合せて舞う姿は勇壮で、特に剣を振り下ろす舞姿が大変印象的です。
 奈良時代の東大寺大仏開眼法要で奉納された記録があり、その後室町時代に途絶えてしまいますが、江戸時代の文政元年(1818)に再興され、以後は宮中で即位の礼の際には必ず奏されてきました。
橿原神宮でも年2回、4月29日の昭和祭と、11月23日の新嘗祭で舞われています。

橿原神宮御参拝にあたっての御歌

神武天皇二千六百年祭にあたり橿原神宮参拝

遠つ世の 風ひそかにも 聴くごとく
樫の葉そよぐ 参道を行く

橿原神宮御参拝にあたっての御歌

 平成28年(2016)は、神武天皇が崩御されてから二千六百年という式年にあたり、天皇皇后両陛下(当時)が橿原神宮へ御親拝なされました。
御歌は、その時のお気持ちを美智子皇后陛下が詠まれたもので、平成29年(2017)の年頭に宮内庁より発表されました。
ふと遠い歴史の彼方から吹いてくるひそやかな風の音を聞くようなお気持ちで、カシの葉のそよぎを聞かれつつ、参道をお進みになった際のことをお詠みになったと言われています。

橿原神宮について

橿原神宮についてのお問い合わせ

お問い合わせ

橿原神宮

〒634-8550 奈良県橿原市久米町934

電話:0744-22-3271

FAX:0744-24-7720

受付時間 午前9時~午前4時
LINEで送る