御歌碑・さざれ石

皇后陛下御歌碑(こうごうへいかみうたひ)

 御歌〈みうた〉とは、天皇陛下以外の皇族が作った歌をさします。石碑には平成28年4月3日の神武天皇二千六百年大祭にあたり、天皇皇后両陛下(当時)が橿原神宮へ御参拝になられた際のお気持ちを、美智子皇后陛下(当時)がお詠みになられた御歌が刻まれています。

「遠つ世の 風ひそかにも聴くごとく 樫の葉そよぐ 参道を行く」

「ふと遠い歴史の彼方から吹いてくる、ひそやかな風の音を聞くようなお気持ちで、樫の葉のそよぎを聞かれつつ参道をお進みになった情景」をお詠みになったと言われています。石碑に刻まれている文字は、伊勢の神宮の元大宮司であり、現神社本庁統理 鷹司尚武氏により揮毫されました。

さざれ石

 国歌『君が代』の歌詞にも登場するさざれ石は、もともと「小さな石」「細かい石」のことをいいます。小さな石の集まった隙間に炭酸カルシウム等が入り込み、固まって一つの大きな塊となっています。

【 国歌『君が代』 】
君が代は 千代に八千代に さざれ石の いわおとなりて こけのむすまで

歌詞には、長い年月をかけて、小さな石が集まって出来た岩にコケが生じるように、国民一人一人が結束することで、国が末永く栄え、平和でありますようにという意味が込められています。

巡る

境内の見どころ 一覧

本殿・幣殿 内拝殿・外拝殿 儀式殿 神楽殿 祈祷殿 参道・鳥居 参道・鳥居 参道・鳥居 参道・鳥居 南神門 北神門 土間殿 長山稲荷社 参集所 文華殿 勅使館・斎館 貴賓館 橿原神宮会館 崇敬会館(養正殿・宝物館・Café橿乃杜) 神饌田 祓所 橿原神宮庁(社務所) 深田池 畝傍山 森林遊苑 若桜友苑

橿原神宮についてのお問い合わせ

お問い合わせ

橿原神宮

〒634-8550 奈良県橿原市久米町934

電話:0744-22-3271

FAX:0744-24-7720

受付時間 午前9時~午前4時
LINEで送る