お知らせ

令和3年02月01日

2月11日(祝・木)紀元祭についてのお願い

【紀元祭参列御遠慮のお願い】令和3年01月15日
 
 本年の紀元祭は新型コロナウイルス感染症拡大防止対策により、宮司以下奉仕員・責任役員・総代及び各代表にて斎行申し上げます。
 当神宮は、皆様の健康・安全に最大限の注意を払い準備を進めて参りましたが、現況に鑑み本年の紀元祭への御参列を取り止めとさせて頂く事と致しました。
 御崇敬各位には誠に申し訳なく存じますが、何卒御理解と御了承の程お願い申し上げます。

【紀元祭当日の参拝についてのお願い】令和3年02月01日
 御祭神 神武天皇は九州宮崎日向国より様々な艱難辛苦を乗越え橿原宮にて第一代天皇として即位されました。この日を紀元元年とし、令和3年は紀元2681年を迎えます。

 本年は新型コロナウイルス感染症拡大により、当宮への御参拝がかなわない方も多くおられると存じます。此の困難な時代、神武天皇が建国されたこの日本国の繁栄と御皇室の弥栄、国民の安寧と健康長寿をお祈り申し上げる所存でございます。

 例年、橿原神宮の例祭である紀元祭当日は全国津々浦々から多くの御参拝の方がお見えになりますが、昨今の事情に鑑み、当日の御参拝は御遠慮いただき、お住まい等より心静かに建国の古に思いを馳せ、遙拝(ようはい)いただければ幸いでございます。皆様の御理解と御協力の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

 なお、本年の紀元祭の模様は後日ホームページにて御報告申し上げます。

令和2年12月10日

令和3年 初詣についてのお知らせ

1月1日~3日の最終参入時間についての情報を追加いたしました。(12月19日)

初詣に関するご案内をまとめた印刷用PDFもご用意しております。

令和3年 橿原神宮初詣に伴う交通規制のお知らせ
【実施期間】
 令和2年12月31日(木)22時~令和3年1月1日(金)17時
 令和3年1月2日(土)8時~17時
 令和3年1月3日(日)8時~17時

初詣に伴い、国道24号を含む橿原神宮周辺道路は著しく交通が混雑しますので、
次の通り交通規制を実施致します。

<周辺道路交通規制案内図>

令和3年 橿原神宮初詣に伴う境内一方通行のお知らせ
【実施期間】
 令和2年12月31日(木)23時~令和3年1月3日(日)19時(閉門)
 最終参入時間 18時30分 ※18時30分以降はお入り頂けません。

参拝者間の感染リスク回避の為、上記の日時で一方通行を実施致します。

境内進路図

 

開門・閉門時間についての御案内

令和2年 12月 31日 (木) 午前6時30分
令和3年 1月 1日 (金) 午後7時
2日 (土) 午前6時30分 午後7時
3日 (日) 午前6時30分 午後7時
4日 (月) 午前6時30分 午後5時30分
5日 (火) 午前6時30分 午後5時30分
6日 (水) 午前6時30分 午後5時30分
7日 (木) 午前6時30分 午後5時30分

※1日~3日の参入時間は午後6時30分までとなり、それ以降はお入り頂けません。
※8日からは、開門:午前6時30分 閉門:午後5時30分 となります。

初詣などの御案内
新春初神楽祈祷≫ 1月1日(金)~7日(木)9時~日没まで

  • 御祈祷所(受付・待合を含む)へお入り頂く前には検温を実施致します。
    また、マスクの御着用・アルコール消毒に御協力下さい。
    (37.5℃以上の方は御祈祷所にお入り頂けません。)
  • 待合室は参集所に加え、別途複数待合室を設け、分散待合を実施致します。
  • 御祈祷昇殿者の上限を以下の通りと致します。
    一回の御祈祷の定員は50名程度と致します。
    ※【団体祈祷】一団体につき5名まで 【個人祈祷】一家族につき2名まで


なお、今後以下の内容が想定されます。

  • 御祈祷所が神楽殿より変更となる場合がございます。
  • 年末年始の状況により、急遽祈祷に御参列頂けない場合は神職奉仕員のみで斎行致します。

 

授与所

  • 各授与所に飛沫感染予防対策として透明ビニールシートを設置致します。
  • 初穂料の授受はトレーを使用して行います。
  • 全てのおみくじ筒には抗菌加工を施しております。また、各おみくじ所にはアルコール消毒液を御用意しておりますので、授与後は各自アルコール消毒を行って頂きますようお願い致します。

 

御朱印

  • 帳面をお預かりしての御朱印対応は行わず、書置きのみで対応致します。
  • 御朱印は次の3種を南北神門内の御朱印所で授与致します。
    【橿原神宮(通常版)】【橿原神宮(限定版)】【長山稲荷社】
    初穂料:500円
    ※限定版については、1月7日までの頒布と致します。
    ※長山稲荷社での御朱印頒布は致しません。ご注意ください。

 

露店・その他

  • 例年表参道中心に出店しておりましたが、令和3年は表参道・北参道・西参道に分散して出店致します。
  • 例年多くの参拝者の記念撮影場所となる外拝殿の大絵馬については、臨時の階段を設置し、動線整理を行います。
  • 手水舎については柄杓を置かず、流れ出る水でお清め頂く臨時手水所を令和2年春頃から設置しております。初詣期間は臨時手水所を増やして対応を致します。
  • 令和2年12月31日(木)斎行の「歳末大祓」は例年多くの参拝者の皆様に御参列頂いておりますが、本年は参列者なしで、神職のみで執り行います
  • そろばんはじき初め大会(1月3日)は中止とさせて頂きます。
  • 書き初め大会 奈良地区大会(1月5日)・大阪地区大会(1月6日)は中止とさせて頂きます。

 

参拝者の皆様にはご不便をおかけ致しますが、何卒ご理解の程お願い申し上げます。

初詣に関するご案内をまとめた印刷用PDFもご用意しております。

令和2年11月10日

【11/23(月・祝)】新嘗祭における久米舞奉奏 取り止めのお知らせ

11月23日(月・祝)に執り行う「新嘗祭」において例年御祭神に縁の深い久米舞(くめまい)を奉奏致しておりましたが、本年は新型コロナウイルス感染症感染拡大防止の観点より参拝者の密集状態を避ける為、巫女による「扇舞」へと変更致します。

御参拝の皆様には何卒御理解頂きますようお願い申し上げます。

 

令和2年11月10日

開閉門時間変更のお知らせ(11月1日~)

新型コロナウイルス感染症対策の為、11月1日より間開門閉門時間を以下の通り変更いたします。

【11月1日より】開門:午前6時30分 閉門:午後5時分

皆様にはご不便をおかけ致しますが、何卒ご理解頂きますようお願い申し上げます。

令和2年10月17日

約1100名参列のもと秋季大祭併せ新型コロナウイルス終息祈願祭を齋行

10月3日に秋季大祭併せ新型コロナウイルス終息祈願祭を齋行致しました。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、2月11日の紀元祭以来、祭典の参列人数を制限または不参列にて齋行していましたが、当日は感染症対策を十分に取ることを徹底し、全国より約1100名の参列を頂くことが出来ました。

 感染症対策として、参列者に対しては事前に送付した健康調査票に記入を依頼し、検温、消毒を行い、マスクを配布。参列席は予め消毒し、3200㎡(約970坪)の広さがある外院齋庭に十分な距離を取って設けました。祭典中の玉串奉奠では折敷の上に玉串を置き、受け渡しを行うことで人同士の接触を避けるようにしました。

参列前にはアルコール消毒をして戴いた。
非接触の検温にも協力戴いた。

席は十分な距離を取って設置。

祭典では、新型コロナウイルス感染症終息を併せて祈念し、その後、4月の御鎮座百三十年記念大祭で奉納演奏頂いたNPO法人音楽の森理事長 荒井敦子様により橿原神宮の為に作詞・作曲された「時のはじまり」の音源を多くの参列者の前で披露致しました。

祭典齋行後、宮司は新型コロナウイルス感染症の一日も早い終息と、多くの御参列を頂き祭典を齋行出来たこと、御鎮座百三十年記念事業の完成報告と支援への感謝を述べ、参列席からは自然と拍手が沸き起こると共に、約八ヶ月振りの祭典参列に明るい表情が溢れていました。

参列者に感謝の言葉を述べる宮司。
LINEで送る