祭典・行事

3月

長山稲荷社初午祭(初午の日)

春季皇霊祭遥拝(春分の日)

  • 神武天皇祭の様子
  • 浦安の舞
  • 国栖奏奉納
  • 参道パレード
  • 久米舞

4月

御鎮座記念祭(2日)

神武天皇祭(3日)

神武天皇が崩御された4月3日に執り行われる神武天皇祭は、古くから「神武さん」と親しまれ、地元はもとより近郷、他府県からの参拝者で、社頭は終日賑わっています。
また境内地では橿原市・橿原市観光協会を中心とした実行委員会によります「春の神武祭」が開催され、各種イベントが執り行われています。詳しくはこちら(御奉賛について / 神武天皇祭)

下種祭(中旬)

昭和祭(29日)

昭和天皇の御誕生の日に、昭和天皇の御遺徳を景仰し皇威の隆昌と国運の発展を祈り、昭和の御代を顕彰する「昭和祭」が行われ、これに併せて橿原神宮に御奉賛の誠を尽くされた、皆様方に感謝の意を表す祭典が齋行されます。

5月

長山稲荷社例祭(2日)

有楽流献茶祭(5日)

  • 夏越大祓の様子
  • 夏越大祓の様子

6月

御田植祭(上旬)

夏越大祓(30日)

『大祓』とは、1年に2回(6月と12月)行われ、6月の大祓を「夏越しの大祓」、12月の大祓を「年越しの大祓」ともいいます。半年間の罪けがれを祓い清めて、次の半年を無病息災に過ごせるよう願う神事です。私たちが日常生活のなかで、知らず知らずに犯してしまった罪けがれを人形に託して身体を清め、心新たに生活を営むべく、大きな力を得る大切な行事です。詳しくはこちら(御奉賛について / 夏越大祓)

7月

夏越神楽祈祷奉奏(1日)

神楽講習会(下旬)

  • 林間学園の様子

8月

林間学園(1〜5日)

県内の小学生に参加を呼び掛け、夏休みの5日間(8月上旬)、神宮神域の森林内や施設を利用して、開催しています。子供達は、自然の中で科学・歴史・図工・音楽の各教室に分かれて学ぶと共に、総合学習で雅楽の鑑賞、畝傍山登山、オリエンテーリングなど学校外での集団体験を致します。

  • 献燈祭の様子

9月

献燈祭(9日)

社頭に釣燈篭を奉納された特別奉賛者の弥栄と家運隆昌祈願の祭典。9月9日の夕刻に約600基の釣燈篭が幽玄的で荘厳な社殿を映し出します。

秋季皇霊祭遥拝(秋分の日)

  • 秋季大祭の様子
  • 玉串奉納
  • 七五三特別祈祷の様子
  • 菊花展の様子

10月

秋季大祭(3日)

秋のみのりを報謝する大祭です。御祭神・神武天皇様の果てしなく広く大きな御神恩に感謝申し上げる例祭です。祭典では、今年の豊かな実りに奉謝するとともに、国家の繁栄と国民の平安、 そして全国の崇敬者の皆様方の家運隆昌と無病息災を御祈願申し上げます。詳しくはこちら(御奉賛について / 秋季大祭)

神嘗奉祝祭(17日)

抜穂祭(中旬)

七五三特別祈祷(10月1日〜12月第1日曜)

菊花展(10月中旬〜11月23日)

  • 新嘗祭の様子
  • 久米舞

11月

明治祭(3日)

新嘗祭(23日)

11月23日、宮中神嘉殿において天皇陛下が新穀を天神地祇に供え、また自らも食せられます。我国の祭のうちでも重要な祭儀のひとつで、橿原神宮においても神々に収穫を感謝し、大祭としての祭儀が執り行われます。

  • 歳末大祓の様子
  • 歳末大祓の様子

12月

天長祭(23日)

煤払神事(28日)

歳末大祓(31日)

『大祓』とは、1年に2回(6月と12月)行われ、6月の大祓を「夏越しの大祓」、12月の大祓を「年越しの大祓」ともいいます。半年間の罪けがれを祓い清めて、次の半年を無病息災に過ごせるよう願う神事です。私たちが日常生活のなかで、知らず知らずに犯してしまった罪けがれを人形に託して身体を清め、心新たに生活を営むべく、大きな力を得る大切な行事です。詳しくはこちら(御奉賛について / 歳末大祓)

神符遷霊祭(31日)

除夜祭(31日)

  • 新春初祈祷の様子
  • 新春初祈祷の様子
  • 新春初祈祷の様子
  • 書き初め大会の様子

1月

歳旦祭(1日)

新春初祈祷(1日〜7日)

新春を迎えて、元旦から7日間、毎朝9時から日没まで新春初祈祷を行っています。旧年の御加護を感謝するとともに、新しい年の御皇室の繁栄、国家の安泰、そして世界平和を御祈祷し、特別御神楽を奉納致します。あわせて御参拝者の開運招福と健康延寿、家庭の繁栄、企業の隆盛を御祈願しており、初詣には毎年100万人を超える多くの方が参られます。詳しくはこちら(御奉賛について / 開運招福 新春初祈祷)

長山稲荷社歳旦祭(2日)

元始祭(3日)

書き初め大会〈奈良〉(5日)

書き初め大会〈大阪〉(6日)

昭和天皇祭遥拝(7日)

神武講社新穀奉献感謝祭(中旬)

書き初め大会表彰式(下旬)

  • 紀元祭の様子
  • 紀元祭の様子
  • 紀元祭の様子
  • 奉納武道大会

2月

紀元祭(11日)

1年を通じて行われる祭典のうち、最も重要なお祭りは例祭の紀元祭です。毎年2月11日(現在の建国記念の日)に、勅使参向のもとに行われます。御祭神の神武天皇が橿原宮で即位された古を偲び、建国創業の御神徳を景仰する国民的祭典として、全国津々浦々から寄せられる奉賛と、数千名に及ぶ参列者によって年々盛大に執り行われています。詳しくはこちら(御奉賛について / 紀元祭)

祈年祭(17日)

トップへ