土間殿

土間殿(どまでん)

 昭和6年(1931)に新たな拝殿として建築されました。入母屋造の銅板葺、壁を経てず周囲吹き放しの社殿は、宮大工として初めて文化功労者に選ばれた西岡 常一〈にしおか つねかず〉氏によって手掛けられました。昭和15年(1940)の紀元2600年奉祝事業によって新たな拝殿(現 外拝殿)が建築されることとなり、現在の位置へ移築されて以来「土間殿」と称するようになりました。現在は、各種行事が行われています。

巡る

境内の見どころ 一覧

本殿・幣殿 内拝殿・外拝殿 儀式殿 神楽殿 祈祷殿 参道・鳥居 参道・鳥居 参道・鳥居 参道・鳥居 南神門 北神門 土間殿 長山稲荷社 参集所 文華殿 勅使館・斎館 貴賓館 橿原神宮会館 崇敬会館(養正殿・宝物館・Café橿乃杜) 神饌田 祓所 橿原神宮庁(社務所) 深田池 畝傍山 森林遊苑 若桜友苑

橿原神宮についてのお問い合わせ

お問い合わせ

橿原神宮

〒634-8550 奈良県橿原市久米町934

電話:0744-22-3271

FAX:0744-24-7720

受付時間 午前9時~午前4時
LINEで送る