古くからの風習に由来し、3歳の「髪置かみおき」、5歳の「袴着はかまぎ」、7歳の「帯解おびとき」をお祝いする儀式が起源となっています。「髪置」は男女児ともに行われ、それまで剃っていた髪をこの日を境に伸ばし始めました。また、男児がはじめて袴を着ける「袴着」、女児がそれまで付紐つけひもで着ていた着物から、帯で締める着物に替える「帯解」があります。七五三詣りは、お子様の成長をお祝いすると共に、これからの健康と幸せをお祈り致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

七五三詣は橿原神宮へ。
皆様の御参拝を
心よりお待ち申し上げております。

お問い合わせ先

橿原神宮 0744-22-3271