結婚式の御案内

橿原神宮

~日本のはじまりで新たな家族のはじまりを~

今から2670余年以上前、畝傍山の東南の橿原宮で、神武天皇は第一代天皇として即位され、
媛蹈韛五十鈴媛命ひめたたらいすずひめのみことを皇后とし、現在の国の基を築かれました。
その聖蹟地に明治23年4月2日に橿原神宮が創建されました。
日本の国のはじまりの地で、お二人の新しい門出をお祝いしませんか。

内拝殿結婚式

御祭神が鎮まる本殿は京都御所の内侍所を移築した国の重要文化財。そして、御祭神の荘厳な御神徳を表した造りの幣殿。この二つの重要な建物を間近に拝する事の出来る内拝殿は昭和15年に社殿拡張と共に造営された建物で、橿原神宮の重要な祭典が行われる尊い場所です。日中の挙式は参列者をはじめ、多くの参拝者からもお二人の新しい門出をお祝いされます。また、夕刻の薄明りの中での挙式は、廻廊の釣燈籠全てに光を灯し、神秘的な中での結婚式となります。

受付組数: 1日4組
時間: 日中の挙式 午前10時15分・午前11時15分
  夕刻の挙式 午後5時30分・午後6時15分
挙式初穂料: 日中の挙式 15万円
  夕刻の挙式 20万円

儀式殿結婚式

伊勢の神宮の四丈殿を、当神宮に移築した建物です。この四丈殿は第60回神宮式年遷宮(昭和48年)の文化的遺構で、太古より営々と続く宮大工の洗練された技の結晶です。挙式後には、畝傍山と社殿を背景に新郎・新婦が手を取り合って廻廊を歩いていただけます。

受付組数: 1日12組
時間: 午前9時30分~正午
  午後1時〜午後3時30分
挙式初穂料: 8万円

神楽殿結婚式

御創建にあたり下賜された元京都御所の神嘉殿を平成の時代に再建致しました。入母屋造檜皮葺で荘厳な宮殿建築です。雅で落ち着いた雰囲気の中での結婚式となります。

受付組数: 1日12組
時間: 午前9時30分~正午
  午後1時〜午後3時30分
挙式初穂料: 8万円

結婚式次第

お申し込みの御案内

受付場所
参集所  午前9時~午後4時
お問い合わせ
0744-22-3271 (代表)橿原神宮 結婚式受付まで
御予約の流れ
① 仮予約(電話でのお申し込みも可能です。)
挙式候補日が決まりましたらお問い合わせください。御希望の日時に予約をお受け出来るか確認致します。
※仮予約は10日間有効、その期間中に本申し込みをしていただきます。(年末年始および祭典や七五三期間等によりお受け出来ない日もございます。)

② 本申し込み
御来庁のうえ、正式にお申し込みいただきます。
〈手続きに必要なもの〉
・捺印済みの正式申し込み用紙
・挙式初穂料(現金のみ)
内拝殿:日中の挙式 15万円、夕刻の挙式 20万円/儀式殿・神楽殿:8万円尚、お申し込みの際は挙式当日の説明を致しますので出来る限りお二人揃って御来庁ください。
※随時、式場見学も受付しておりますので、お問い合わせください。
キャンセルについて
受付後のキャンセルについては、挙式初穂料の7割を返金致します。

よくある御質問

橿原神宮 結婚式関係指定業者

トップへ