橿原神宮 秋季特別公開 [重要文化材 文華殿] 11/20(月)〜26(日)

橿原神宮 宝物館 特別展 [伊勢神宮の御神宝と橿原神宮の刀剣] 11/20(月)〜26(日)

文華殿

  1. この秋、橿原神宮では昨年好評を博した織田家 柳本藩邸 旧織田屋形である文華殿を再び、期間限定で公開致します。
  2. 文華殿は藩主の藩邸の一部である表向御殿おもてむきごてんを移築・復元した建物で、昭和42年に重要文化財に指定されています。
     またその庭園は、記紀に記された「神武東遷」の古事に則って庭園史研究家であり作庭家でもある故 森蘊もりおさむ氏により手掛けられ、昨年完全に復元が完了。静けさに満ちた空間が、訪れた者を包み込みます。

橿原神宮 宝物館 特別展 [伊勢神宮の御神宝と橿原神宮の刀剣]

 この度、文化継承のため伊勢の神宮より下附された御神宝と橿原神宮で所蔵する刀を公開致します。御神宝は20年に一度の重儀である『式年遷宮』ごとに全て、当代きっての名工の手により新調されます。今回の展示では、下附された4点の御神宝である「御太刀おんたち」・「御桙おんほこ」・「御楯おんたて」・「御弓おんゆみ」全ての公開が実現し、御神宝を調製した当代一流の名工達の技を御覧いただける貴重な機会です。また、橿原神宮へ奉納された「明治天皇御奉納太刀」をはじめ、古墳より出土した太刀等も併せて展示致します。

《式年遷宮》 20年に一度、伊勢の神宮で執り行われ、御社殿から御装束神宝までを一新して神威のより一層の高まりを願う至高の祭典。第40代 天武天皇の御発意があり、次の第41代 持統天皇4年(690)に第1回目が行われました。4年前に執り行われた第62回 式年遷宮は記憶に新しい方も多いのではないでしょうか。