歴史

橿原神宮

神武天皇即位の地・畝傍山東南に橿原神宮が創建されました。

創建以前

畑地になっていた橿原宮址

古来、畝傍山の山麓周辺には、上代の天皇陵など往昔の遺跡やそれらの伝承地が数多く残っていましたが、東南山麓の橿原の宮跡には、これまでにどのような施設も造られた形跡がなく、畑地となっていました。これは、上代の都が当代一代限りのもので、次々と遷都されていたためで、新帝が他に新宮を造営されると、旧宮は取り払われて耕地に還元されていたと考えられます。

明治10年代(1877年)〜明治22年代(1889年)

御宮址顕彰の気運高まる

神武天皇の御陵が、神宮に隣接する現在地に定められたのは幕末の文久3年。その後、修補されたこともあり、明治10年代になると橿原宮址を調査し、これを顕彰しようという動きが高まり、民間から宮址碑の建立や橿原神社の建築の出願が相次ぎました。

明治23年(1890年)

神武天皇即位の地に創建

明治22年、明治政府は神社創建を認可し、社殿として京都御所の賢所と神嘉殿の2棟が下されました。明治23年1月に移築が完了。同年3月、社号を橿原神宮とし、官幣大社に列せられることになりました。ここに橿原神宮は、神武天皇が即位された「畝傍山東南」橿原宮の旧址に創建されたのです。

明治44年(1911年)〜

営々と拡張された宮域

橿原神宮は創建以来、宮域の拡張整備と社殿の修築・造営が継続して行われてきました。神威の尊厳を保ち、宮域の神聖を保持するために、明治44年から開始された第1回事業は、創建当初の2万159坪から約1.8倍の3万6,600坪に拡張整備をして、大正15年に一応の完結をみました。この間にも鉄道の開発・発展が進み、俗化されるおそれがあるため、第2回の拡張が引き続いて計画され、途中、関東大震災のために計画の遅れはあったものの、宮域に隣接して約4万坪の畝傍公園が完成。いわば神宮外苑として、宮域の神聖と風致の保存に役立つことになりました。

〜昭和15年(1940年)

のべ121万人余りが参加した建国奉仕隊

御鎮座50年にあたる昭和15年は、ちょうど神武天皇即位2600年にあたるため、国を挙げての奉祝記念事業として、社殿の修築、境域と神武天皇陵の拡張整備、駅舎や線路の移設などが計画されました。このうち、境域の拡張と外苑の建設は、明治神宮の外苑建設にならって、勤労奉仕で行われることになり、建国奉仕隊が組織されました。解散までの作業日数はのべ500余日、7,200団体、のべ121万4,000余人が建設に参加しています。

全国から寄せられた献木

宮域の造成に約7万6,000本余の樹木が造成されましたが、うち2万2,000余本は、全国から寄せられた献木でした。植栽にあたっては、神社境内の樹林は郷土の木をもって構成することとし、樹種については、橿原の地名から昔は樫の木が生い茂っていたことが推測されることから、カシ類を主として、昔の姿に還元することを目標に決められました。

昭和15年(1940年)

華々しく紀元2600年奉祝紀元節大祭を開催

記念すべき昭和15年を迎え、正月三が日の参拝者は125万人を数えました。2月11日の紀元節には、紀元2600年奉祝紀元節記念大祭が挙行され、約70万人が参拝。空前の盛り上がりをみせました。6月11日には、昭和天皇が御親拝されています。その後も、外苑運動場での東亜競技大会や各種団体の全国大会、奉祝行事が続き、橿原の地は紀元2600年でわきたちました。

昭和20年(1945年)〜現在

創建から120年余り、より親しまれる神宮へ

昭和20年の第二次世界大戦の終結後、橿原神宮も一宗教法人の神宮として、維持経営上多くの困難に直面しました。しかし、宮域は戦前のまま護持しており、創建以来百年を超える歳月は、ひときわ神気みなぎる厳かな環境を作りだしています。紀元2600年記念で植栽された約8万本の樹木が約16万坪の宮域に生い茂り、その豊かな緑が多くの人々に親しまれ、称賛されるほどになりました。国民の休日「建国記念の日」の制定にともなう全国運動の盛り上がりなどを経て、参拝者も増えています。万難を克服して日本建国の偉業を成就された神武天皇の御聖徳にあやかろうと、人生の新しい門出や開運を祈る参拝者の姿が多く見られる今日、橿原神宮は日本人の心の糧として、そして日本建国の聖地として、これからの時代にも新しい使命を見いだしています。

トップへ